« インターネットの役割り | トップページ | 地球が救われる日 »

2009年9月 4日 (金)

大生命(神)なくして

     

     
1.大生命(神)なくして、小生命(人間)の存在はない。




              

                    五井昌久






 
   

感想

 

赤ちゃんとかをみているとこの子を創ったのは肉体人間の親でないことははっきりわかります。

目も鼻も口も何一つ親は関わっていません。

だったらこのいのちはどこから来ているのだろう?

そう考えたときサムシング・グレート、なにか偉大なものがあると考えるのが普通なのです。


何かに行き詰って、自分はなんてちっぽけな存在なんだろうと憂うとき

空をみていると心がすっきりして落ち着いてくるのはその偉大なものに波長が合っているからです。

もう人間は大生命に謙虚になってそのとてつもなく大きい懐(宇宙神)に還っていく時期が来ているのです。

そこに還らないと自分の未来も地球人類の未来もないのです。

 

 



サムシング・グレートと共鳴する祈り言葉

 

世界人類が平和でありますようにぴかぴか(新しい)

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



無限なる愛

無限なる調和

無限なる平和





  

« インターネットの役割り | トップページ | 地球が救われる日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31231059

この記事へのトラックバック一覧です: 大生命(神)なくして:

« インターネットの役割り | トップページ | 地球が救われる日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ