« 食べていけたらそれでいいんだ | トップページ | 人間は肉体だけではない »

2009年8月31日 (月)

人は守護霊、守護神をみている

  
          
赤ちゃんは最初に肉体人間の顔をみていません。
 

ちょっと目線を上に向けて相手の人の守護霊、守護神をみているのです。
 

そしてその守護霊さん守護神さんに
 

「よろしくね わーい(嬉しい顔)」 と
 

挨拶をするのだそうです。
 

赤ちゃんが大きくなるとこんどは人の後ろをみるそうです。
 

後ろにも守護霊さんがいるからです。
 

「子どもは親父の後ろ姿をみて育つ」
 

というのは肉体の父親をみているのではなく
 

父親を守ってくださっている守護霊さんをみているのです。
 
 
父親が世の中に後ろ指をさされるようなことがなく
 
 
スッキリ爽やかに生きていれば
 
 
この守護霊さんがはっきりわかるのです。
 
 
父親と守護霊さんが一体となっているからです。


守護霊さん守護神さんはこの世のどんなに立派だと言われている肉体人間よりも素晴らしい人たち?なので一体になることは同じ人格になるということなのです。
 

人は肉体人間だけをみているのではないのです。


その奥の守護霊、守護神さんをみているのです。





     

« 食べていけたらそれでいいんだ | トップページ | 人間は肉体だけではない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31176053

この記事へのトラックバック一覧です: 人は守護霊、守護神をみている:

« 食べていけたらそれでいいんだ | トップページ | 人間は肉体だけではない »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ