« 流していかないと未来は来ない | トップページ | 調和波動気功のセミナー »

2009年8月23日 (日)

誤解はどうして生じるか?

    
 
どうして誤解されるんだろう?

それも理解してくれる人と非難する人がいる。

同じ場で同じことをしていても好意的に思ってくれる人と非難の目で見てくる人がいます。

それは自分に問題があったのか?

至らないことがあったのか?

良心的な人は自分を責めます。


そして自分を傷つける。げっそり


でもそうではないのです。わーい(嬉しい顔)


誤解する人はエネルギーを素直にそのまま受け取れないのです。
 

その人がすっきり爽やかでないとエネルギーを歪んで受け取ってしまうのです。
 

歪むとは正しくないという意味です。
 

間違って伝わるということです。
 

発信側に問題があるのではなく
 

受信側が正しく受け取っていないのです。
 

これが誤解の原因です。

 
発信側が

「自分は間違っていない、何のうしろめたさもどこから見られても恥ずかしくないことをしている」
 

と信じたならば
 

相手の人は関係ないのです。


自分と相手ではなく自分と神(本心)との関係が大切なのです。


どんなに善いこと、正しいことをしていても必ず非難する人はいます。


でもそんなことに決して負けないでくださいね。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)



  
  

« 流していかないと未来は来ない | トップページ | 調和波動気功のセミナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31067623

この記事へのトラックバック一覧です: 誤解はどうして生じるか?:

« 流していかないと未来は来ない | トップページ | 調和波動気功のセミナー »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ