« 一休和尚の遺言 | トップページ | 美しくなりたい人は・・・・・・ »

2009年8月25日 (火)

ひとやすみ、一休み

   
   
一休和尚のことを書いたらブログの読者の方が補足してくださいました。わーい(嬉しい顔)

「心配するな、なんとかなる」

の一枚の紙ではなく

「心配するな」「大丈夫」「何とかなる」の三枚の紙だったそうです。


更に、「なむあみだ」は、


 
 
な…何とかなる
 
む…無理するな
 
あ…有り難い
 
み…皆良くなる
 
だ…大丈夫



 
…だそうです。



南無阿弥陀仏を唱えているとなぜか安心した心境になるのはそういう言霊だったからなんですね。わーい(嬉しい顔)

お経とは人が亡くなったときだけ唱えると思われているけど信心深い、昔のおじいさんやおばあさんはいつでもどんなときにも当たり前のように唱えていました。



自分や人類の汚れた想念をお経や祈りで浄化して、すべての想いを天に還していくことは今も昔も大切なことだと思います。




 

世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます






 
  

« 一休和尚の遺言 | トップページ | 美しくなりたい人は・・・・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31101643

この記事へのトラックバック一覧です: ひとやすみ、一休み:

« 一休和尚の遺言 | トップページ | 美しくなりたい人は・・・・・・ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ