« う先生のお言葉 2 | トップページ | 男と女 »

2009年8月13日 (木)

幸せを感じること

   

最近、私は幸せだなぁと思うことが頻繁に起こっています。
 

今日も高校の同級生の女の子?がオーラ・オーラに行ってくれることになったのです。
 

最初、気功に興味があるので気功サロンに行きたい!と言ってきました。
 

次回のサロン日は9月の19日(土)なので少し先になります。
 

その日まで気功や真理の話が出来ない!ということもそうだったのですが、私の心の中のイメージでは、オーラ・オーラで楽しく笑っている彼女の姿が浮かんだのです。
 

「そうだ、オーラ・オーラに誘ってみよう!」
 

メールにオーラの体験レッスンのことを書くと


「行ってみたい!自分がどんなオーラなのか知りたい」 と返信がありました。
 

即決でした。手(チョキ)


たったそれだけのことかもしれないけれど何かやたらに嬉しいのです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
 

いえ、たったそれだけのことではないのです。


人が何かを感じて、目的を持ってアクションを起こしてある場所へ行く

エネルギーがそこに集中する。


それは絶妙のタイミングがなければ起こらないことです。




いくら私が気功サロンに来てもらいたい、この人はオーラを撮ってみたらきっと喜ぶに違いない・・・と思ってみてもいくら念じても、その人の心が動かないとどうしようもないのです。
 

人の心を意図的に動かすなんて出来ないし、してはいけないことです。
 

だから相手の人の方から行きたいと言ってもらえることは本当に嬉しいのです。

不思議なことに肉体のその人は気功サロンやオーラ・オーラに行くことに納得しているわけではありません。


どういうことかと申しますと、それは相手の人の守護霊、守護神が行かすのです。

そこに行くことが自分が守っている人間にとって魂の成長になる。
 

そこに行くことで飛躍的に真理に目覚めることになる。ぴかぴか(新しい)


それがわかっている守護霊、守護神は本人の気持ちが行きたくなるように心をコントロールするのです。
 

気功サロンに行きたくなるように・・・・
 

オーラ写真を撮ってみたくなるように・・・


だから話がとんとん拍子に進んで予約が取れたりすると本人よりも守護霊、守護神が喜んでおられるのです。わーい(嬉しい顔)

その喜びの波動は、私の守護霊、守護神に伝わって、それから私の心や肉体にも伝わって来ます。


それが本当の以心伝心(いしんでんしん)なのです。


以心伝心とは守護霊、守護神同士のエネルギーの交流なのです。ぴかぴか(新しい)
 

だから、魂の喜びとは半端なものではないのです。わーい(嬉しい顔)


みなさんも魂が震えるような感動を受けたことがあると思います。
 

でもそんなには無いですよね。
 

それが最近の私にはかなりたくさん起こっているのです。
 

ほぼ、毎日のようにあるのです。わーい(嬉しい顔)
 

幸せって、魂の震えるような感動がたくさんあることだと私は思っています。


これが奇跡なんだと思います。
 

ココロが温かくなることが奇跡なのです。
 

mixiを始めてからたくさんの奇跡が起こりました。
 

同窓会を始めてからたくさんの感動がありました。
 

たくさんの人と繋がってきました。
 

そして今も続いています。
 

「こんなに幸せでいいのかなぁ?」
 

と思うくらいです。
 

みなさん、本当にありがとうございます。
 

そしてこれからもよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)





  
  

« う先生のお言葉 2 | トップページ | 男と女 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30947023

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せを感じること:

« う先生のお言葉 2 | トップページ | 男と女 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ