« 威張らないのが一番偉い | トップページ | 空になるとは? »

2009年8月 5日 (水)

子育て

    

五井先生は男女では子どもの導き方は違うとおっしゃっていたそうです。

「男には苦労させたほうがいい。でも女には苦労させるな。

何故なら、女のひがみや卑下慢(ひげまん)は後で大変だから」・・・・と


確かにわかるような気がします。わーい(嬉しい顔)


男が苦労をしていないと壁にぶつかったときに萎えてしまう。


苦労という免疫が無いと生きていけないからです。
 

そして辛かったとしても相手を恨んだりすることも少ない。


もし、それをしてしまったら叱ってくれる人もいるし、叱られてもあまり根に持たない。


その点女性は比較的難しいと思います。


それは子どもを産むので自分を守ろうとする意識が強く働くからでしょうか?


ただ、女性でもかなり個人差があると思います。


男性だったら一喝出来るところがやっぱり女性には出来ないのです。


でも最近は、男性が女性化してきて、女性が男性化してきています。

というより逆の生まれ変わりが多いようです。


男だ女だという前にこの人の性質は男性なのか?

女性なのか?

で判断し、接していった方がいいのかな?

と思ったのです。
 

というのはう先生に


「息子さんは女性の魂ですね」   
(女性っぽいという意味ではありません)
 


と言われたからです。


私も薄々そうではないか?

と思っていました。



昔の男らしさ、女性らしさというのは消えてゆくのかもしれませんね。


菩薩さまは男でも女でもない。
 

これもアセンション(次元上昇)の時期の特徴だと思います。



  

« 威張らないのが一番偉い | トップページ | 空になるとは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30843991

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て:

« 威張らないのが一番偉い | トップページ | 空になるとは? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ