« 如是我聞 | トップページ | 波動調整とは? »

2009年8月16日 (日)

とらわれないようにするには?

    

とらわれないとは

囚われない

捕われない

捉われない

把われない

つまり、つかまない、こだわらない、執着しないということなのです。

アッサリとサッパリしていることを言います。

幼子のかわいいところは、とらわれがないからなのです。
 

過去にも未来のこともつかんでいない
 

昨日、おかあさんに怒られたけどあれは納得出来ないとか(笑)

明日はちゃんとおやつをくれるだろうか?


とか、そんなことなんにも考えていないし悩んでもいません。


今この瞬間しか生きていないのです。


だから無邪気でかわいいのです。わーい(嬉しい顔)
 

でも大人はとらわれます。
 

過去のことにも未来にも・・・・・・・。


お金のこと家族のこと、友達、同僚、人間関係、善いことにも悪いことにも、褒めてもらえたことにも叱られたことにも外見にも・・・・・・・・・・・。
 

褒めてもらえたことにもとらわれるのです。
 

それはもっと褒めて欲しいもっと認めて欲しいとそこからなかなか離れないのです。

褒めてもらえないと気持ちが落ち込んでしまうのです。

 
それは褒めてもらうことにとらわれているのです。
 

朝から晩までとらわれてばかりです。
 

しっかりつかんでいるから手が、心が疲れてくるのです。
 

離せば楽になるのに放してしまえば自由な心になるのに放そうとしないのです。
 

それは自分があるからです。
 

自分という存在を認めて欲しいから執着を放すことが出来ないのです。


人間が苦しんでいる一番の原因はこの執着なのです。
 

なにかをつかんでいるときとは、空を流れる雲をつかんでいるのと同じです。

太陽を隠している雲をつかんでいるからなかなか晴れて来ないのです。

青空が見えて来ないのです。
 

そして川の流れとも同じです。

きれいな水がサラサラと流れていないのです。

だから水が淀んで滞って病気のような状態になるのです。

病気とは気が病むと書きます。

気とはエネルギーのことです。

エネルギーが流れていないのです。



ならば、とらわれを無くすにはどうしたらいいのか?

それは自分の中の小我を大きな流れの中に流してしまえばいいのです。

大きな流れとは宇宙のことです。

宇宙と共鳴させるのです。

すると自分の心の中にある、とらわれも流れていくのです。

いつの間にか執着が消えているのです。ぴかぴか(新しい)

祈りとはいのちが活き活きすることをいうのです。

とらわれがなくなると活き活きしてくるのです。
 

そのために祈りをするのです。印を組むのです。




 

宇宙と共鳴する祈り言葉
 



世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます






  
  

« 如是我聞 | トップページ | 波動調整とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30980759

この記事へのトラックバック一覧です: とらわれないようにするには?:

« 如是我聞 | トップページ | 波動調整とは? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ