« 外部からの援助は・・・・ | トップページ | 宇宙天使からの贈り物 »

2009年7月18日 (土)

想うと思うは違う

 

想うは相手の心つまり自分の本心ではなく、他の人の考えが自分に移って来たものです。

だから

「何でこんなことをおもってしまうのだろう?」

「この考えは自分の心のどこから湧いて来たのだろう?」

と色んな想念が次から次へと浮かんでくるのです。
 

雑念、業想念とも言います。

これが人間を迷わす原因なのです。げっそり


そして、思うは想うとは違うのです。

思うは心の上に田があります。

田とはおへその下にあるチャクラ、下丹田(かたんでん)のことです。

腹脳ともいうのですが

人間の本当の考える場所は頭ではなく、この腹脳=下丹田にあるのです。

だから想うは頭でおもい、思うはお腹でおもうということです。


お腹は頭と違って他の人の色んな感情や想念を受けない場所なのです。


気を落ち着かせる、気を静めるとはこのお腹に意識を集中させることを言います。

人間は無意識でいるとすぐに気が上がってしまうのです。グッド(上向き矢印)

そして色んな考えを頭の中に入れてしまって

ああでもない、こうでもない、とか

先程の

「何でこんなことをおもってしまうのだろう?」

「この考えは自分の心のどこから湧いて来たのだろう?」


を繰り返しているのです。


頭で考えることが正解と思っている人がほとんどですし、それが常識であると思ってきたことを変えることは難しいのです。

でも、それをしていかないといつまでも苦しいままなのです。

お釈迦様がそれを教えてくれたのに広まらないまま現在まで来てしまいました。

立っているときは足の裏、座っているときはお尻の穴を意識するだけで全然違います。

余計なことは浮かばないようになるし、頭がスッキリする(つまり空になる)ので、直観力が出て来て頭に頼らなくてもよくなってきます。

そうなればしめたものです。指でOK

後は祈りで自分の本心がある宇宙と繋がっていけばいいのです。夜

今まで潜在能力のほんの数%しか出せなかったのが奥の方から智慧が出て来るのです。

「自分の中にこんな素晴らしい考えがあったのか?」

と嬉しくなります。ぴかぴか(新しい)電球わーい(嬉しい顔)
 

是非、体感してください。
 

もう他のもの、他の人に頼ることはないのです。
 

自分の中から答えが出せるのです。
 

自立とは自分の中から答えを出すことなのです。わーい(嬉しい顔)


 

« 外部からの援助は・・・・ | トップページ | 宇宙天使からの贈り物 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30595846

この記事へのトラックバック一覧です: 想うと思うは違う:

« 外部からの援助は・・・・ | トップページ | 宇宙天使からの贈り物 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ