« セルフコントロール | トップページ | 人間 »

2009年7月 3日 (金)

空になったときすべては始まる

  
悟って難しいものじゃない

余計なことを考えなきゃいいんだ



五井先生のお言葉なんですが、ほんとうに人間っていらない余計なことばかりを考えています。

もし一日中、何も考えなかったとしても何も困ったことが起きないのでは?いやむしろ、考えなかった方がいいのです。

考えないと直観で生きないといけない?

だけど、直観とは特別なときにしか降りて来ないものだと思っている

もしかしたら肝心なときに、大切なときに降りて来なかったらどうしよう

自分は雑念が多いので直観なんてない

ほら、もうそこでいらないことを考えているのです(笑)

W先生は私に

「頭はバカなんです」

とおっしゃいました。

頭というのはテレビやラジオの受信器なのです。

いろんな人の考えや想念が入って来るのです。

ほとんどの人がマイナス想念になっていたら自分もマイナスをつかんでしまうのです。

一方、本当の頭は下丹田(かたんでん)といって、おヘソの下3.5センチのところにあります。

腹脳といわれます。


お釈迦様は

ここに意識を集中させろ

頭は使うな

頭は空っぽにしなさい

とおっしゃっていたのです。


 
ココロで動けということです。

自分のココロと相手の人のココロは繋がっているのです。

自分のココロと本心は繋がっているのです。

自分のココロと自分の本当の故郷である宇宙は繋がっているのです。

頭という肉体から意識を外さないとその奥にある本心には行けないのです。


下丹田(かたんでん)を意識出来るようになると余計なことを考えなくなります。

スッキリ爽やかになって来ます。

考えなくても直観で動けるようになります。

考えるよりも先に身体が動くのです。

知らない間に必要なことをしてしまっているのです。

下丹田(かたんでん)を意識すると肉体も意識をしてしまうので自分の身体の最下点を意識してください。

立っているときは足の裏、座っているときはお尻の穴を意識するのです。

気が静まってきます。

頭で考えなくなります。

人間は頭(余計なことを)で考えなくなって初めて、まともになるのです。

空にならないとまともではないのです。


空になったときすべては始まるのです。


アセンション(次元上昇)するとは人間が “空” になるときなのです。



  
  

« セルフコントロール | トップページ | 人間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30386789

この記事へのトラックバック一覧です: 空になったときすべては始まる:

« セルフコントロール | トップページ | 人間 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ