« みなさんが思っているだろう?ということ | トップページ | 親と子 »

2009年7月19日 (日)

親と子と夫婦

  
  
自分の失敗はもとより、夫(妻)の過去の出来事、子供の欠点等をいつまでも心から離さず、そればかり認めつづけていると、また全く同じような失敗を呼び起し、繰り返しゆくものである。

すべての失敗、出来事、欠点などはもうすでに去った過去のことである。

これから全く新しい明日が始まり、輝く未来が訪れようとしているのに、自らの心で自らの心をしばり、許さず、また自らの心で夫(妻)や子供の過去を批判し、また同じことを繰り返すのではないかと不安におののき、いつまでもその過去をひきずりこんでいては、真の救われは決して得られない。

どんな大きな失敗も欠点も過去のこと、もう過ぎ去って消えていってしまったこと、思い切って心を転換し、自分の夫(妻)や子供の素晴らしい未来に心をたくし、過去の出来事とは、はっきりと自らの意思でもって訣別すべきである。




            

               日々の指針  西園寺昌美




  

« みなさんが思っているだろう?ということ | トップページ | 親と子 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30608015

この記事へのトラックバック一覧です: 親と子と夫婦:

« みなさんが思っているだろう?ということ | トップページ | 親と子 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ