« 肉体から意識を外す | トップページ | 守護霊さまに頼ろう! »

2009年7月14日 (火)

天地を貫く光の柱

   
mixiから気功サロンに来られて、気功セミナーに出席されて、今現在う先生のレッスンを受けておられる人からメールで質問を受けました。

「印を組むときに鼻で吸って鼻で吐くのですか?」

でした。

印とは宇宙と共鳴し、自分の本心と一体になるためにする身体を使ったある動きをいうのです。


mixiの中にも何人かの人はすでに組んでいらっしゃいます。


その質問の答えは


鼻呼吸でいいのです。


ただし、舌先を上顎につけてください ( でないと口が開いて憂波動=マイナスのエネルギーと共鳴します )


気を沈めるために下丹田(かたんでん)のあるへそ下3.5センチのところを意識してください。

気が鎮まった状態でないと印を組んでもエネルギーが効率よく流れにくいのです。


 

それと補足として次のことを書きました。


頭の上に白一文字、足の下に白一文字、下丹田に白一文字をイメージしてください。

そして天地を貫く光の柱の中に入るのです。ぴかぴか(新しい)

このことはう先生の本の中にあるCDのレッスンでう先生が言っておられる言葉です。


頭の上に白一文字、足の下に白一文字、下丹田に白一文字をイメージすると三という字になります。

そこに光の柱を貫くと王という字、または主になるのです。

十字架の十は縦 ┃ のエネルギーと 横 ━ のエネルギーがバランスよく流れている状態です。

人間が最もバランスが取れた状態なのです。

キリストはこの縦横の最高のバランスを現わした人だったのです。

プラスも十字架と同じ意味です。

だから国を司る王も天(一)と地(一)を貫いた十字の状態でないと、本当は国を治めるなんて出来ないのです。

今、国を治めている人がこのような状態でないから世の中がおかしくなっているのです。げっそり

印を組む時にこれらのことをイメージするとキリストあるいはそれ以上の次元に行くことが出来るのです。

自分が多次元にいくということはとてつもない光が降りているのです。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

するとその光は━に拡がって地球を浄化します。

早くアセンション(次元上昇)が起こるのはこのような高い意識の人が現われるということです。

たくさんの人が祈り、印を組んでくださったらいいなぁと思っています。わーい(嬉しい顔)




  

« 肉体から意識を外す | トップページ | 守護霊さまに頼ろう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30542320

この記事へのトラックバック一覧です: 天地を貫く光の柱:

« 肉体から意識を外す | トップページ | 守護霊さまに頼ろう! »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ