« 自分を見つめる | トップページ | パーソナル(個性)を認めない »

2009年6月26日 (金)

エネルギーを放つ

     
最近、サロンでもプライベートでもいろんなところでたくさんの人と話すことが多くなりました。

そこでわかったことは、みなさんエネルギーを流さずにたくさん溜めこんでいるということです。

それはまるで、便秘でうんちがお腹の中に一杯溜まった状態みたいです。げっそり

だからまず、そのうんちを外に出さないとスッキリしません。

スッキリさせるには、聴き役に徹します。

話すとは放すということです。

心にまとわりついた想いを放つのです。

想いは重いので放つと楽になります。

お腹に溜まったうんちが出たのでスッキリしたのです。わーい(嬉しい顔)

するとまた話という食べ物を食べることが出来るのです。

聞く耳を持てるのです。
 

聴き上手の人はそれがわかっているので最初は自分から話そうとはしません。

時にはずっと聴き役に徹することもあります。
 

それは相手の人の想いが溜まりに溜まっているときです。
 

そのときはどれだけその人に必要なことを言っても無駄になります。
 


“空気を読む”  ってそういうことなのだと思います。





     

« 自分を見つめる | トップページ | パーソナル(個性)を認めない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30290026

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーを放つ:

« 自分を見つめる | トップページ | パーソナル(個性)を認めない »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ