« 4つの真理 | トップページ | 気功サロンの感想 »

2009年6月19日 (金)

松山千春さんいわく

     
いつも真面目なことばかり書いているので、3次元的なことも少し書いてみます。

でないと私のことをみなさん、気難しい変人だと思っているでしょ(笑)

昨日、パソコンで youtubeを観ていたら松山千春さんがお姉さんが離婚をして帰って来て言った言葉のことを話していました。
 


「女は、100冷たくされても1優しいところがあればその男についていける、だけど100優しくされても1冷たくされるとその1の冷たさは許せない」


う~んなんだかわかるような、わからないような 考えてる顔


私が学生の頃、男を分類するとき、硬派と軟派と言われていました。


同窓会をしていてモテていた男は確かに


「黙って俺について来い」 というタイプだったのです。

男らしい男が男前(イケメン)よりも勝っていました。
 

優しいというのが軟弱だと思われていたのです。


しかし、問題はタイプというより中身のような気がします。
 

冷たさの中にも優しさがある、優しさの中にも相手のためを思う厳しさがある。


それが本当だと思うのですが


どちらの態度であったとしてもその人の心の根底には相手を思う思い遣りで溢れている。


そうすれば性格的なことで別れることはないんじゃないか?
 

そう思います。


そして相手への誤解もいつかは溶けていくと思います。


 http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=wpKoTndlAO8&feature=related



  

  

  

« 4つの真理 | トップページ | 気功サロンの感想 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/30181497

この記事へのトラックバック一覧です: 松山千春さんいわく:

« 4つの真理 | トップページ | 気功サロンの感想 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ