« 未来の恋愛について | トップページ | 教育について »

2009年5月12日 (火)

未来のスポーツ

  
 
互いに殴り合って勝った方が飛び上って喜び、負けた方がうなだれる。

これが本当のスポーツなのか?と思うことがあります。


ボクシングに限らず勝者、敗者が存在するスポーツっていったい何なのか?

スポーツとは自己の技と精神の成長を追求し現わしていくものではないのか?

観る側とは、その技術や精神力の高さ、強さに感動するのです。

そして刺激され

「自分もそのようになろう」 と決意するのです。

地球の未来には、戦場に地面に次々に武器を置いていく戦士の姿が写っているそうです。

人は本来、戦うことを嫌うのです。

勝つことに喜びなんて持っていないのです。

今のスポーツの延長には戦争があるように思います。

それくらい勝ち負けに対する人間の想念エネルギーは凄まじいのです。


スポーツの素晴らしさとは競技者と観客の心が一つになったときです。

素晴らしい演奏で観客が感動している姿と同じです。

私は去年、我が母校が夏の地区予選であと2回勝てば甲子園という試合を観に行きました。

試合は白熱して惜しくも逆転サヨナラで負けてしまいました。

そのときの手に汗握る緊迫感は感動的でした。

後輩たちの素晴らしいプレーに拍手を送っていました。

でも負けた瞬間、感動の他に負けたことに対する色んな想いが湧いてきたのです。

「あのとき相手がエラーをしてくれてたら」

「あんなに頑張っていたのに後輩たちがかわいそう」

「もし勝っていたら今頃は・・・」

感動とはまったく別のたくさんの想いが襲ってきたのです。

スポーツとはもっと爽やかで明るくて楽しいもののはずなのに・・・・。

試合が終わった後、しばらくは自分の心の中を覗いていました。

なんでこんな嫌な気持ちになるのだろう?


「後輩たちに甲子園に行ってもらいたい」

「でも素晴らしい試合をありがとう」


この甲子園に行ってもらいたいというのはいらないものなのです。

競技する人、観る人がスポーツの原点に還る。
 

それがこれからの未来のスポーツなのだと思います。





  

« 未来の恋愛について | トップページ | 教育について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29581341

この記事へのトラックバック一覧です: 未来のスポーツ:

« 未来の恋愛について | トップページ | 教育について »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ