« 気功サロンへのいざない | トップページ | 宣言します! »

2009年4月11日 (土)

天地を貫く光の柱になりましょう♪

    
みなさんは、緑のたくさんあるところとか滝のあるところとか観光地に行ったときに空気が違うと感じたことがあると思います。

緑の多いところはなぜ気持ちがいいかというと樹は天に向かって真っ直ぐに伸びています。

天からの宇宙のエネルギーを受けて枝葉にそのエネルギーを送り、そして地球の中心へと流しているのです。

だから樹は宇宙のエネルギーを通す光の柱になっているのです。

側に行くと光を浴びられる。

光は私たちそのものなのです。

だから気持ちがいいのです。

そして滝はすごい勢いで水が流れます。

これもエネルギーが流れているのです。

人間の溜まったストレスも洗い流してくれるのです。

そして観光地は、読んで字のごとく光を観に行く土地のことです。

観光地は昔の賢者、つまり悟りを開いた人がいたところです。

賢者にはものすごい量の宇宙からのエネルギーが流れていました。

その場所は光った場所になっていたのです ぴかぴか(新しい)

そして、賢者がいなくなってもその磁場は長く保たれていた。

でも、人間のマイナスのエネルギーが強いとその磁場も段々と弱くなっているそうです。

世界遺産もたくさんの人が訪れるようになったので、もう価値が薄れてきているそうです。

悟りを開いた人のパワーはどれくらいすごいのか?

それは一人の人がほんとうに悟ると九族、つまり9代さかのぼって縁者の人は救われるそうです。

それくらい凄まじい光の強さなのです。

日本に観光地が多いのはそれだけ賢者が多かったからです。

実は、世界平和を祈っている私たちはどういう波動になっているかというとこの賢者たちよりももっとすごい光を放っているのです。

今は、宇宙からのエネルギーが強くなっているので祈ると光輝いてきます。ぴかぴか(新しい)

そのときに自分に自信が無かったとしても色んなことがあって苦しみながらであったとしても関係なく、光は滝のように流れています。

だからそのときの状態は動く観光地なのです。

あなたがレストランで祈っていると急にたくさんのお客さんが入って来ます。

又は、もうお客さんで一杯になっているのです。

なぜかというとエネルギーは自分の身体よりも先に移動するのです。

あなたよりも先にエネルギーはレストランに行っているのです。

面白いでしょ わーい(嬉しい顔)

お客さんはそのレストランに行くと気持ちが良くなることを魂がわかっているので自然と足が向かうのです。

あなたに会いにあなたの波動に触れたくてやってくるのです。

だから祈りながら商売をしたら繁盛します(景気は関係なく)周りの人は光を浴びて穏やかになっていきます。

気持ちが落ち着くので自分も周りも争いごとも無くなって行くのです。

自分が光輝くとはこれ程素晴しいことなのです。

このような人たちが10万人になったら次元上昇すると言われています。

光の柱が10万本になるとたくさんの光が降りるからです。

臨界点を超えるのです。

天が地上に現われるのです。

天とは神界つまり天国のことです。

これが本当のアセンション(次元上昇)です。

わたしたちはアセンションする前に3次元でも幸せになります。

それは動く観光地になるからです。

自分が幸せになって、周りを幸せにして、それから次元上昇するのです。

なんだかワクワクして来ませんか?


自分は天地を貫く光の柱だとイメージしてください。

イメージをしてから祈っていくと光のバリヤが出来ます。

そのバリヤは何者にも侵されることはないのです。
 



世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます



   

« 気功サロンへのいざない | トップページ | 宣言します! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29071377

この記事へのトラックバック一覧です: 天地を貫く光の柱になりましょう♪:

« 気功サロンへのいざない | トップページ | 宣言します! »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ