« 業を蒔いてはいけない | トップページ | 友達くらいがちょうどいい »

2009年4月 6日 (月)

悟(さとる)ってどういうこと?

   
人はちょっとわかったことがあると

「俺は悟ったんだ」 とか言っているけど

確かに、腑に落ちたり、スッキリした時はそう思ったりします。

でもその状態がずっと続いているわけではないですよね。

もしかしたら悟ったつもりでも勘違いだったりして(笑)

悟とは、りっしんべんに吾(われ)と書きます。

つまり心と吾(われ)が一緒になっている。

本心と肉体の自分が一緒になっているということです。

えっ、それってあたり前じゃないの?と思いますが

人間は頭で考えていることと心は離れているのです。

だから悩む、だから迷うのです。

では、悟にはどうしたらいいか?

肉体の自分を本心に合わすしかないのですね わーい(嬉しい顔)

本心はどこにあるの?

それは宇宙にあるのです。

宗教って宇宙を示す教えだって前にも書きました。

宗(もと)の教えとも言います。

だから本当の宗教って宇宙の法則を言っていないとおかしいのです。

お釈迦様がおられた頃はそれを教えていたのです。

でも弟子たちが自分たちの都合のいいように変えてしまった。

それが今のほとんどの宗教です。

だから外に真理を求めなくてもいいのです。

自分の中にある宇宙から学べばいいのです。

自分の心の中にすべての答えはあります。
 

もうすぐ、すべての宗教は無くなります。

必要無くなるからです。

あ、調子に乗ってたくさん書いてしまいました。

でも、それが真実なのですよ わーい(嬉しい顔)



   

« 業を蒔いてはいけない | トップページ | 友達くらいがちょうどいい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/28993164

この記事へのトラックバック一覧です: 悟(さとる)ってどういうこと?:

« 業を蒔いてはいけない | トップページ | 友達くらいがちょうどいい »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ