« 目標を持つこと | トップページ | 人の評価を気にして・・・・ »

2009年4月21日 (火)

集中力をつけるには?

      
忘れてしまいたいことがあっても起きているときはなかなかそれは消えてくれません。

そこから意識を外そうとしてもすぐに戻ってしまう。

こんなときってありますよね ふらふら

これを解決する方法とは集中力を付けることなのです。

例えば、色んなことが頭を駆け巡っている、気になっていることが頭から離れない。

そんなときに、表で

「火事だ!」 という大声が聴こえてきたらどうでしょう?

うちは大丈夫か?と意識はそっちの方に移って先程まで悩ませていた悩みはどっかに行ってしまうでしょ(笑)

それは 「火事」 に集中したからなのです。

つまり何かに集中したらそこに意識(エネルギー)が流れて他のことを忘れられるのです。

これは虫メガネで太陽の光を集めて紙を焼いている状態と同じなのです。

このときに集まっている光の力はなにものにも侵されることはありません。

これを意識的にするのです。

お釈迦様は集中する場所はへその下3.5センチのところに本当の頭があるんだ、だからそこに意識を下げなさい。(ここを下丹田といいます)

そして下丹田(かたんでん)に分散している意識を集中させなさいとおっしゃったのです。

これが座禅観法ですね。

わたしたちは今、色んな人の想念の渦の中に居ます。

頭の中にはたくさんの雑念が入って来てわたしたちを惑わせます。

今ぐらい業(ごう)、カルマ、マイナスの想念が噴き出ているときはないのです。

だから集中力をつけて自分を守るのです。

自分を守ってくれるのはやはり自分自身でしかないのです。

これからそれに関することを書いていきます。


みなさんとりあえず、お尻の穴に意識を下げてみてください。

下丹田とお尻の穴は近いし意識を下げるという意味ではそれでいいのです。(お尻の穴という点を意識するのです)

そこに頭があると思って考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不思議と何も浮かばないのです。

何も浮かばないのが実は本来の自然の姿なんですよ わーい(嬉しい顔)


       

« 目標を持つこと | トップページ | 人の評価を気にして・・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29217320

この記事へのトラックバック一覧です: 集中力をつけるには?:

« 目標を持つこと | トップページ | 人の評価を気にして・・・・ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ