« 天象への感謝 | トップページ | 釈尊とはお釈迦様のことです。 »

2009年4月25日 (土)

病は気から

   

以前、う先生がおっしゃっていたのですが

もう死の寸前まで来ていて昇天(しょうてん)しそうになっている人に対して

「あなたは素晴しくきれいな目をしていますね、活き活きしていますね」

と言ってあげたら

その人の目は本当に輝いてきて ぴかぴか(新しい)

「そうですか?うれしいなぁ」 と言われたそうです。
 

それからその人はどうなったか?
 

なんと3年も生き続けられたそうです。


そうなんです。

プラスの言霊はそれくらい凄まじいくらい素晴らしいのです。ぴかぴか(新しい)

キリストが目の見えない人を治したのも事実ですが、それよりもキリストに会ったことで

「自分は本当に救われたんだ」

「自分の目は絶対に見えるようになる」

と自分を信じた心の方がずっと強いのです。

これはキリストが癒して治したのではないのです。

信じる力で自分で自分を治したのです。

人から言われた言葉であっても

どう受け取るかはその人の自由なのです。

でも相手がどう受け取ろうと自分はプラスの言霊を発し続けるんだ。

そうしたいと思っています。わーい(嬉しい顔)


  

« 天象への感謝 | トップページ | 釈尊とはお釈迦様のことです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29290403

この記事へのトラックバック一覧です: 病は気から:

« 天象への感謝 | トップページ | 釈尊とはお釈迦様のことです。 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ