« 友達くらいがちょうどいい | トップページ | アセンションについて »

2009年4月 8日 (水)

目にみえないエネルギーを理解する

    
最近の私の日記は、今の常識?考えからすれば、少し外れているかも知れませんねわーい(嬉しい顔)

でも、来年くらいになるとかなり理解する人が出てくると思います。

今の波動では少し早いのです。

もっと細かくなると頭や理屈ではなく、心でわかる人が増えてきます。

今は3次元の終わりで4次元の入り口に入りかけているのです。

でも波動が変わらなくてもわりとわかりやすい話があります。

この前に書いた“友達くらいがちょうどいい” も例を出すともっとわかりやすくなります。

人の想念に関することです。

私の気功の仲間(ハーモニーの人)で英語の塾の講師をされている人がグァムへ子どもたちを連れて旅行に行ったときのエピソードです。

その子どもさんの親の中ですごく心配性の人がいて、絶えず

「うちの子は大丈夫か?」

「無事か?元気にしているか?」

「ちゃんと寝れたか?」

「おねしょはしなかったか?」

と電話で連絡をして来たそうです。

その親ごさんほどでなくても他にも心配性の人もいて

その親御さんのこどもたちはどうなったかというと

腹痛を起こしたり、情緒が不安定になったりしました(ほとんど心配をしていなかった親の子どもたちは元気だったそうです)

この原因は親の過剰な心配の仕方にあったのです。

遠く離れていても親子の波動圏は重なり合っているので

親が放つマイナスのエネルギーは子どもに即影響するのです。

親が不安になれば子どもも不安になる。

親の胃が痛くなれば子どもは腹痛を起こすのです。

このようなことは、昔の方がそのことをよくわかっていたかもしれませんね。

憎い相手をずっと恨み続けることで相手の命まで落とすことが出来ることは、わら人形を五寸釘で打っていたことでわかりますげっそり

源氏物語も人の想念エネルギーのすさまじさを描いています。

でも、今はそんなこと誰も教えてくれないし迷信で片付けられてしまいます。

みんなうすうす気づいてはいるのだけど、ちゃんと知ろうとはしないのです。

目にみえないものを大切にしようとしないのです。

だから何かあっても

違うことを理由にお茶を濁してしまうのです。

先ほどの旅行のことも親は自分に原因があるなんて露ほども思わない。

「うちの子は神経質だから」

「先生がもっとしっかりしてくれないから」

「食べ物が悪かったからお腹を壊したのでは?」


とほとんどの人がそう思います。


だけどエネルギーのことがわかるようになったら慌てふためくのです。

今まで自分を誤魔化していたものがすべて明らかになるからです。

2012年にはすべての人や物からエネルギーが出ているのが誰の目にも見えるようになります。

アセンション(次元上昇)の初期の段階です。

わたしたちはこれから起こることをもっとちゃんと知ることが大切だと思います。



     光の十二日間 ゲーリーボーネル 徳間書店

   新・光の十二日間 ゲーリーボーネル 徳間書店


  

« 友達くらいがちょうどいい | トップページ | アセンションについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29017641

この記事へのトラックバック一覧です: 目にみえないエネルギーを理解する:

« 友達くらいがちょうどいい | トップページ | アセンションについて »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ