« 山への感謝 | トップページ | イチローのメッセージ »

2009年4月16日 (木)

イチローの凄さ!

    
イチローを見ていると、努力の人です。

決して天才ではないと思います。

ただ人よりもずば抜けているのは、自分を客観視出来ているということ。

私がずしりと心に響いたのは、WBCで結果が出なかったときに、心の内を的確に表現していたことです。

「苦しさから辛さになって、辛さを越えたら痛みがきて・・・・・。」

イチローだったら胃潰瘍になった経緯をリアルに解説出来ると思います(笑)

普通の人だったら何故自分が癌になったかなんてわかりませんよね。

原因がわかるから対処のしかたもわかる。

自分で自分を癒すことの出来る人はどんなときも冷静で自分をちょっと離れたところから見ているのです。

天才には色んなタイプがあるのだろうけど、イチローは自分を離れて見れる天才なんでしょうね 野球



 そのことがわかるイチロー語録


普段と変わらない自分でいることがボクの支えだった。苦しいところから始まって、苦しさから辛さになって。辛さを越えたら今度は痛みがきて...心にね。
 

自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない。

 
「今自分がやっていることが好きであるかどうか...。」
 

苦悩というものは前進したいって思いがあってそれを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから苦悩とは飛躍なんです。
 

今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない。


「成績は出ているから今の自分でいい」という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はありません。

あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います。

いままで自分がやってきたことを、しっかり継続することが、イチローという選手の能力を引き出すためには、はずせないことです。


かつては試合が終わってからチームメイトとごはんを食べにいきたくありませんでした。
一緒に食べにいくと、どうしても試合の話になっちゃって、切りかえができませんから。


このなかで、将来、なにかになりたいという人はいますか。
今日、僕がいいたいのは、目標を持ってもらいたいということです。


これでいいやってならない理由は、ぼくの場合は、野球が好きだからです。


そのことはまだ、目標というよりは夢ですが、これがだんだん近づいてくると、目標に変わってきます。


たのしんでやれ、とよくいわれますが、ぼくには、その意味がわかりません。


できるだけ早くやりたいことを見つけてください。

なかなかうまくいかないことをのりこえようという自分がいて、のりこえられたら、それは最高です。


なにかを意図的にやろうと思っても、なかなか伝わらないし、本来の姿でないものは、見ている人にはすぐに見破られます。

 
ぼくがいままで苦しかったことのうちのひとつは、幅の広いファンの人たちとの接しかたもありました。
でも、ファンの人たちの期待をあれこれ推測することは、ぼくはもう、やめようと思います。


 ぼくは、自分がやっていることを、自分でわかっているはずでした。
ただ、当時の新聞を見ると、過剰に評価をしていたのです。
それによって、自分がちょっと舞いあがってしまう。
その時点で、自分を見失っているのですよね。


ぼくは天才ではありません。
 
なぜかというと

自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです。


 

イチロー名言集
 
http://www.fesh.jp/utterer_28_2_1.html



 
  

   

« 山への感謝 | トップページ | イチローのメッセージ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29138817

この記事へのトラックバック一覧です: イチローの凄さ!:

« 山への感謝 | トップページ | イチローのメッセージ »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ