« 悟(さとる)ってどういうこと? | トップページ | 目にみえないエネルギーを理解する »

2009年4月 7日 (火)

友達くらいがちょうどいい

   
男女の恋愛はなぜ、しんどくなるのか?

それはどちらかが恋愛感情を持った時点で感情のエネルギーが交錯するからなのです。

くしゃみをしたときに

「あッ誰かが噂している」 というのは本当で、目にはみえないけど意識は繋がっているので、誰かのことを想うとき想われた方は何らかのエネルギーを受けます。

それが一瞬であったり、自分の幸せを祈ってくれるような想念だったら良いのですが、ずっと想われ続けると自分の波動体を侵食してくるのです。

つまり心の中に入ってくる。

自分のエネルギー体が川の流れのようにサラサラと流れているのがスッキリ爽やかな状態なのですが、そこに想いの石が置かれるのです。

想われるとしんどくなるのはこれが原因です。

でもこれを人は恋と受け取ることがあるのです(笑)

心の中にずっと相手のことが浮かんでくるので

「自分はあの人のことがすきなのではないか?」

と勘違いをするのです。

そして今度は自分が恋?をする

するとそのエネルギーが相手の人に行くのです。

このエネルギーの交錯が男女の恋愛(感情)なのです。

 

菩薩様は男でも女でもないと言います。

きっとこの恋愛を散々した上で悟ったことなんでしょうね。

歌手の中村 中(あたる)さんが歌っていました。

好きになっても

友達くらいがちょうどいい♪

って、その意味がわかるような気がします。






















  

  

« 悟(さとる)ってどういうこと? | トップページ | 目にみえないエネルギーを理解する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/29009561

この記事へのトラックバック一覧です: 友達くらいがちょうどいい:

« 悟(さとる)ってどういうこと? | トップページ | 目にみえないエネルギーを理解する »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ