« 于 寿明先生の言葉 3 | トップページ | 車が売れない理由は? »

2009年2月 1日 (日)

子どもが反抗するのは?

 
この間読んだ新聞で、学校の先生や親に子どもたちが反抗するのは、子どもが試しているんだって書いてありました。

自分の想いを我ままをぶつけても、それでも愛してくれるのか?

この大人たちはどれだけの度量なのか?器なのか?

信頼に足る人たちなのか?

それがわかってから子どもたちは安心して心が自由になれる。

私は幼い頃、両親がけんかをして、険悪な雰囲気になって空気がピリピリしていたのを今でもハッキリ覚えています。

そんなときはご飯ものどを通らない。

子どもは大人が穏やかであることが一番安心出来るのです。

感情的にならず不動心であって欲しいのです。

親に反抗する子どもたち、学校で問題を起こす子どもたちは大人をちゃんと見ている、エネルギーをチェックしているのです。

その新聞の記事を見て

「そうなんだなぁ」 と思いました。


 

« 于 寿明先生の言葉 3 | トップページ | 車が売れない理由は? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/27675847

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが反抗するのは?:

« 于 寿明先生の言葉 3 | トップページ | 車が売れない理由は? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ