« さとりとは? | トップページ | 本当の幸せとは? »

2009年1月 2日 (金)

武士の武とは?

 
昔のお侍さん、武士は人と争うこと、自分や家族や仲間やお殿様を守るために平気で人を殺していたのか?

歴史やテレビの時代物を見ていると、そう思うことがあります。

昔の武士も気の優しい人は、人殺しを命ぜられてもどうしても出来なかったと思います。

血の気が多くて非情で人の心を持たないの人が武士なのか?

武士の武とは、弋(ほこ=武器のこと)を止めると書きます。

つまり戦いを止める士(人)のことなのだそうです。

柳生十兵衛のお父さんの宗矩(むねのり)は戦いを嫌い、平和を愛したそうです。

今も地球上では、まだ戦争が起こっています。

でも人を愛し平和を望む人の波動が広がっていくと武器を地面に降ろす勇気のある人が出てくるでしょう。

人の心を変えるのは心に響く愛と調和と平和の波動です。

目に見えるもの、見えないもの宇宙はすべて波動、エネルギーで出来ています。




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

無限なる愛

無限なる調和

無限なる平和




« さとりとは? | トップページ | 本当の幸せとは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/26729076

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の武とは?:

« さとりとは? | トップページ | 本当の幸せとは? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ