« 自分の心を光で一杯にする | トップページ | 自立とは? »

2009年1月 6日 (火)

無であり空であること

  
自分があるからしんどいのです。

自分があるから腹が立つのです。

自分があるから自分で何とかしようとするのです。

自分があるからわがままになるのです。

自分があるから自分を守ろうとするのです。

自分があるから執着があるのです。

自分があるから感情があるのです。

テレビを観ていても周りの人を見ても自分を主張して自分のことしか考えていない人を感じのいい、素敵な人だと思いますか?

感情が無くなったらダメだ

自分というものがなくなったら生きている意味が無いなんていう人がいるけど、言っていることに関して責任を持てるのか?と思います。

わからなかったらわからないでいいと思うのです。

自分がハッキリとわからないのにわかったような顔をして人に対して自分の考えを言うのは人を惑わすことになるのでよっぽど確信がない限りは言うべきではないと思います。

影響力の大きい人は特にそうです。

この世に於いて一番の苦しみは自分というものがあるからです。

私はよく嫌なものを見て嫌悪感を持ったり、人間関係で苦しくなったとき自分が水や空気のようになれたらなぁと思います。

空気はどんな人に対しても嫌な顔一つせず、平等に酸素を与えている。

水はどんなに汚いものにも同化していく

自分を主張して

「そんなところへいくのは嫌だ」と拒絶したら人間は存在することすら出来ない。

自分を無にする空(くう)になるとは、すべてのものと同化する。

自分というものを無くしてすべてのものと溶け合うことだと思います。

自分の中に宇宙がある

自分の中に人がいる

だから他の人もなければ他のものもないのです。

あなたも私もない

宇宙から見ればすべてのものは一つなのです。

元々一つものから分かれた生命なのです。

すべてのものは無であり空から生まれています。

私たちは元々無であり空なのです。

無であり空になるのではなく、

なろうとするのではなく

元々無であり空なんだと思い出すだけでいいのです。

 
宇宙はすごくシンプルなのです。



 


« 自分の心を光で一杯にする | トップページ | 自立とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/26866092

この記事へのトラックバック一覧です: 無であり空であること:

« 自分の心を光で一杯にする | トップページ | 自立とは? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ