« ペットと一心同体 | トップページ | フィルムを流そう »

2008年10月11日 (土)

晴耕雨読(せいこううどく)

 

私の夢は晴れた日には、汗を流して働き、雨の日は大好きな本を読むような、そんな自然と共に過ごす生活を送ることです。

晴耕雨読ってそういう意味だと思っていました。
 
でも、私の考えは少し違っていたようです。

晴れた日に汗を流すというのはそのままでいいのですが、雨の日は畑のことは忘れて本を読むことに没頭出来ると思っていたのです。
 
仕事のことは忘れてプライベートのこと、趣味のことに集中すればいいって
 
でも、畑を耕していた人が雨の日にそうしているか?

畑のことは、まったく忘れているのか?
 
そうではないのです。
 
強く雨が降っていれば、稲が流されていないか心配になって畑を見に行く、そして流されないように水を抜いたり手を加えたり、天の神様に祈ったりしていたのです。
 
決して無責任に、ほったらかしにしてはいないのです。

気持ちの切り替えってすごく大切だと思います。
 
切り替えはスパッとしていかないと今の世の中の流れについていけない。
 
でも、切り替えをした後のフォローが大切ですよね。
 
このフォローは目に見えないので軽視しがちです。
 
遠いところに居て、畑の現場に行けないからどうしようもないって開き直るのは簡単だけど

その場に行けなくてもその場をイメージして、稲たちにやさしい波動を送るのと全く送らないのとでは結果は全然違ってきます。
 
稲は流される寸前で不思議な力を得て踏ん張られるのです。
 
思い遣りの愛の波動はすべてのものに影響を与えます。


目にみえない波動を意識しましょう。

そうすれば、目に見えるものがわかってくるような気がします sun


 

 

 

« ペットと一心同体 | トップページ | フィルムを流そう »

コメント

グッドムーンさん。
こちらこそ有難うございます。

私がこの素晴らしい祈りを知り、その大切さに気付くことができたのは、グッドムーンさんの御陰です。

もしも、私が祈ることで何千何万人の人が救われることになるのであれば、それは、グッドムーンさんがこの素晴らしい祈りを教えて下さったからです。

これからも、多くの方々にこの祈りを広めて下さい。

いつも記事を拝見させて頂いて、どこか、グッドムーンさんは、私と似ていらっしゃるところがあるなあ。。。と思っています。逆に、私がグッドムーンさんに似ているところがあると言っても同じことなのですが。。。

幼い頃より小鳥が好きで、良く、まだ羽が生え揃っているかいないようなヒナの小鳥を買ってきたりもしていました。

そして、死ねば何時間もベッドの中で泣いたりもしていました。ハムスターの時もそうです。

そして、結局、悲しすぎて埋めに行くことさえできず、よく、父や兄に埋めに行ってもらったものです。

そして、私も一人になる時間で、良く癒されたりしているのですが、グッドムーンさんもそのような方では?って思いました。

もちろん、人間愛も持ってはいるのですが、あまり集団でいるよりも、気のあった人達とだけで、ワイワイ楽しむのが好きです。

こんな私ですから、きっと、グッドムーンさんのブログに引かれるところが多いっていうことも考えられます。。。

思い起こせば・・・。もうコメントを入れさせて頂いてから、どれだけの月日が経っているのかなあ。。。って思います。本当に、いつだったでしょうね?見始めたのは・・・?もう、忘れてしまいました。。。(^^;)

「太陽は、どんな時も平等に照らし、自然は、ただ与えるだけ」ほんと、良いコメントのお返事を有難うございました。

「誰にでも平等に愛を注ぎ、そして、愛に見返りを求めてはならない。」

きっと、一生忘れない言葉となりそうです。心に深く刻まれましたから。shine

引き続き、楽しみに読ませて頂きますね~。happy01

 
たんぽぽさんが祈るとね

何千、いや何万の人が浄っていくんですよ。

60億の人に対し10万人の人が真剣に祈ると世界は変わるといわれているのです。

あなたは貴重な大切な存在です。

本当にありがとうございます♪


 

たんぽぽです。

「思い遣りと愛の波動」世界に広めたい言葉ですよね。。。

まさに!その波動が地球全体に広まれば、この星は間違いなく、愛で包まれた素晴らしい星になることでしょうね~。。。confident

しかし!まだまだ、「そんなこと、どうでもいい。」って思われてる人達が沢山いる世の中であるような気がします。。。

私も、これからも、ずっと祈り続けたいと思います。confident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/24434629

この記事へのトラックバック一覧です: 晴耕雨読(せいこううどく):

« ペットと一心同体 | トップページ | フィルムを流そう »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ