« 近い将来の人間の姿 | トップページ | 想うだけなら誰でもいくらでも想える »

2008年10月28日 (火)

空の鳥を見よ

  
文語訳)

空の鳥を見よ、播かず、刈らず、倉に収めず、然るに汝らの天の父は、これを養いたまふ。汝らは之よりも遙かに優るる者ならずや。



(口語訳)

空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。



私は聖書を読んだことはないのですが、空の鳥を見よ の文章だけは、どこかで聞いたことがあって、強烈な印象として残っていました。

今まさに人間はこのような心境になることが必要なのではないでしょうか?

お金があってもそれに奢らず、無くても不安になることもなく悠々と生きる。

人間の原点に戻ると、そこには本当の心の天国があるのでしょうね わーい(嬉しい顔)





 


« 近い将来の人間の姿 | トップページ | 想うだけなら誰でもいくらでも想える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/24815333

この記事へのトラックバック一覧です: 空の鳥を見よ:

« 近い将来の人間の姿 | トップページ | 想うだけなら誰でもいくらでも想える »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ