« 愛すること | トップページ | 「今」を生きる »

2008年9月 5日 (金)

今起こっていることは過去のこと?

  
今、自分の目の前に起こって来ている出来事は、実は過去にしてきたことや思っていたことがただ映画のように上映されているだけなんです。

だから現状をすぐに良いものにしよう、変えようとしても時期が来なければ、時を待たなければすぐには良い状況は起こってこないのです。

 過去の結果が現在に現われて来ている。

そして未来を輝いたものにしようとしたら、今、良いことを想い、良いことを行為していくしかないのです。

今の現象は悪かったとしても、しかたないときっぱりと諦めて、今の現象に振り回されたり、一喜一憂することなくどっしりと心を据えて生きていくことが大切なのです。

 ここに、今、起こって来ていること、目の前に現われていることは過去のことである。

ということが、非常にわかりやすい文章がありますのでご紹介します。

 目からウロコになりますよ(笑)

大空に輝く星は無限数あるといわれています。

 その多くの星々の光は、今輝いている光が、すぐに私どもの眼にうつるのではなく、何百光年、何千光年、何万光年という程の年月を経て、私ども地球に住む者の眼にうつってきているのでありまして、私どもが今輝いていたとみている星の光は、実は遠い過去の星の光であるわけなのです。

 それと同じように、今、私どもの運命と現われてきている境遇は、実は、過去世からの想念行為の現れでありまして、今私どもがつくっている運命ではありません。

今人間が自らの想念行為によってつくっている運命は、それは未来に現われるべき運命なのです。  



  

« 愛すること | トップページ | 「今」を生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/23524303

この記事へのトラックバック一覧です: 今起こっていることは過去のこと?:

« 愛すること | トップページ | 「今」を生きる »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ