« 家に帰ったら足を洗おう 2 | トップページ | 我に返る »

2008年9月13日 (土)

真理を識ることはなぜ必要か?

  
真理とは、自分はどこから来てどこへ還っていくかを識ることなのです。

すごくあたり前のことで、これを知らないで生きていて何の意味があるのか?

とさえ思います。

でもほとんどの人は、真理のことよりも、今の生活を良くすることにやっきになっている。

どうしたらお金に困らないか、どうしたら自分が人に良く思われるか
そんな損得勘定ばかりをしている。

そんなことは、もし明日地球にどこかの星がぶつかって来て、地球が消滅したらまったく意味のないものになります。

お金も自分に対する人の感情もきれい、さっぱり消えてしまう。

そんないつ消えるかわからない不確かなことに心を奪われていたらいつまでも不安でいなければならない。

不幸って不安な気持ちのことをいうのです。

そんなことより自分や人々がどうすれば、どんなことがあっても、どんな状況に立たされても、ずっとずっと幸せでいられるかを追求した方がいい。

そう思いませんか?

私が人と少し違っているところがあるとしたら、多分

そのことを深く、求めているんだと思います。

そこには自分が幸せになりたい、どんなことになっても、一般的に最悪といわれるような状況になっても不動心でいられるような自分になりたいという強い思いがあります。

いつもいつもそればかりを思っていました。

するとその思いは通じてたくさんの真理に出会えました。

メンター(人生の師匠)、素晴らしい本との出会い

私は大げさでなく、宇宙一幸せだと思っています(笑)

それは、真理を識る、メンターと出逢う、ずっとずっと以前から・・・・・

難病に罹って死の直前までいったときも、いろんな経験をして自暴自棄になったときも心の奥底で

「お前は宇宙一幸せなんだと」 

 という響きが聴こえてきていたのです。

私は根がすごく素直なので

「そうなんだ」 とずっとずっと思ってきました。

何が幸せなのか?

それは、多分、どうしたら幸せになれるか? どうしたら強くなれるか?

どうしたら愛深い人になれるか?を求め続けている自分がすごく好きなんだと思います。

それは肉体の個人としての自分ではなく

「魂」 のことなのです。

「心」 のことなのです。

自分の本心、本体のことです。

時々 「弱いなぁ、情けないなぁ」 と思うときもあります。

でも、そんな自分もひっくるめて好きなんです。

こんないい奴はいない(笑)

もっともっと自分が好きになりたい

そのために真理を求めている

そんな気がします。

                          おしまい



« 家に帰ったら足を洗おう 2 | トップページ | 我に返る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/23717047

この記事へのトラックバック一覧です: 真理を識ることはなぜ必要か?:

« 家に帰ったら足を洗おう 2 | トップページ | 我に返る »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ