« 無限次元へのいざない | トップページ | 人はみな自由でありたい »

2008年9月24日 (水)

天命を信じて人事を尽くす

    
一般的には 人事を尽くして天命を待つ なのですが、天命を信じて人事を尽くす が本当なのです、真理なのです。
 

人には、生まれた限りは必ず天命があります。
 
 
すべてに完全な完璧なオールマイティな天が、宇宙が、神が、無駄なものを創るわけがありません。
 
 
まして、人間は神の分霊(わけみたま)なので天から与えられた、命ぜられた使命が絶対にあるのです。
 
 
だから、「自分には天命があるんだ」 が先なのです。
 

 
自分の天命はいったい何なんだろう?って気になりますよね(笑)
 

でも、天命がなになのかわかるとかわからないとかは、こだわらなくていいのです。
 
 
わからなくても、まず、「自分には天命があるんだ」 と信じることが先なのです。
 

天命とは今の自分が決めたのではなく、生まれてくる前に自分の魂がテーマを決めて人間に生まれて来ているのです。
 

「地球に生まれて私は○○をするんだ」 と決めてから生まれてきたのです。
 
 
だから本心は知っているのです。
 
 
魂、心の奥では知っているのです。
 
 
肉体に意識がいっているので気づいていないだけです。
 
 
自分が生まれてきた目的は何だろう?
 
 
これから何をしていけばいいんだろう?
 
 
そう想うことは人として当然のことです。
 
 
その目的がまっとうされないかぎりは人は死なないのです。
 
 
自分の天命が果たされないうちは絶対に死なない。
 

死ぬときは天命はまっとうされたときなのです。
 

自分の天命は必ずまっとうされるのです。
 
 
そう想うと気持ちがゆったりと落ち着いてきます。
 
 
その心境で物事に当たるのです。
 
 

そう心に言い聞かせて今やるべきことを一生懸命にするのです。
 
 
すると仕事なら仕事、人間関係なら人間関係が整ってくるのです。
 

なぜなら心の安定、安心が外(現象)に顕れるから・・・・
 

そして、次のステージが用意されることもあれば、同じところであれば、より環境が整ってくることにもなります。
 

それをしていると自分の天命が何なのかが、だんだんとわかってきます。
 
 
同じ人事を尽くすのでも、天命を先に信じるのと、先のことがわからずにただ人事を尽くすのでは、心の持ち方が全然違うのです。
 

自分には素晴らしい才能、力、天命があるんだと思うのと
 

人事を尽くせば、天命がわかるかも知れない?の違いです。
 

自分には天命があるんだ と信じることは自分を信じることでもあり、目に見えない偉大な存在を信じることになるのです。
 

どうせ一生懸命(人事を尽くす)のするのなら、天命を信じた方がいいですよね♪
 
 

そして、相手の天命がまっとうされることを祈って差し上げることは、その人に対する最高の心のプレゼントなのです。
 

○○さんの天命がまっとうされますように 





 

« 無限次元へのいざない | トップページ | 人はみな自由でありたい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/23989314

この記事へのトラックバック一覧です: 天命を信じて人事を尽くす:

« 無限次元へのいざない | トップページ | 人はみな自由でありたい »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ