« 天命を信じて人事を尽くす | トップページ | 気功サロンへのいざない »

2008年9月25日 (木)

人はみな自由でありたい

   
  
今の自分の行動、行為を誰かに監視されて、しかも干渉されたらどんなに嫌だろう?
 
 
その人が困っていて、行き詰まっていて 「助けて!」 と叫んでいて、それならばと経験豊富な人を呼んで来て、適切で素晴らしいアドバイスを受けたとしても、その人が魂から変わろうとしない限り、アクションを起こそうとしない限り、周り人たちの努力は徒労に終わってしまう。
 
 
人はみな、外からではなく、自分の内から答えを出そうとしている。
 
 
それが一番、自分の魂が喜ぶことなんだと知っている。
 
 
だったら周りのわたしたちはその人に何が出来るのか?
 
 
それは、その人を解放すること
 
 
自由自在にすること
 
 
その人の心を解き放つとその人は、いろんな世界へ行ける
 
 
水を得た魚のように大海と泳ぎ回る
 
 
もしかしたら他の魚に食べられるかもしれない
 
 
釣り人に釣られてしまうかもしれない
 
 
でも、どんな結果になったとしても、その魚は幸せだったのです。
 
 
自由に広い海を泳ぎまわれてうれしかったのです。
 
 
人は自分の我で、人の自由を束縛することは出来ません。
 
 
私は今まで 愛 を履き違えていました。
 
 

“愛は、相手を解放すること”
 
 

その通りだと思います。




 

« 天命を信じて人事を尽くす | トップページ | 気功サロンへのいざない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/24009668

この記事へのトラックバック一覧です: 人はみな自由でありたい:

« 天命を信じて人事を尽くす | トップページ | 気功サロンへのいざない »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ