« 「空」という | トップページ | イカリを沈める »

2008年8月16日 (土)

出る時は出る、引くときは引く

    
ついこの間のレッスンで私の気功の先生からおっしゃっていただいた言葉なんですが、このタイミングが実に難しいです。

たいがいの失敗は、出ないといけないときに出ないで、引かなくてはいけないときに出ている。

とくに後者は致命的になる

「人間は肉体人間がすべてで他に何もない」 と思っている人は何でも自分でやろうとする。

だから引き際がない

出る時は出る、引く時は引く

私はどのように気をつけているか?というと

「これは神様の仕事、私が出る幕ではない」 と判断したときは引く

「神様は自分でやりなさいと思っているはずだ」 とわかったときは出ています。


神さまとのコラボレーションかな?(笑)


では、 出る時は出る、引く時は引く はどっちが多いか?
 

それは圧倒的に引くことが多いです。


プラスの文字を見てください。
 

+は宇宙から流れてきた縦のエネルギー ↓ を身体の中心で受け止めて横に流したら → +になるのですが

自分が奥に引っ込まなかったら →(後) 神様が前に出れない ←(前)のです、働けないのです。


この世は3次元 ━ と4次元 | のバランスで成り立っています。
 

3次元を整えようとしたら出しゃばってはダメなんです。


3次元の横のラインは 「自分が引いて神様が働きやすくする」

の共同作業なのです happy01


これがたぶん、 謙虚  の意味だと思います。






   

 

« 「空」という | トップページ | イカリを沈める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/23014926

この記事へのトラックバック一覧です: 出る時は出る、引くときは引く:

« 「空」という | トップページ | イカリを沈める »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ