« 宇宙からのメッセージ | トップページ | 自分を客観視する »

2008年7月31日 (木)

人間の幸せ

    
「幼い頃は幸せだったなぁ」 とふと思うことがあります。
 
それはなんの心配もなく、なにも思い煩うことなく自由に生きていたから
 
親の大きな愛に包まれて身も心もゆだねることが出来た。

それはどんなことがあっても自分は守られているという安心感だったのだろう。

だけど大きくなって物心がつくようになるとそれが崩れていく

「人に負けてはだめだ」 「勉強をしないと落ちこぼれになるぞ」
 「だからお前はダメなんだ」
 
植えつけられるのは、マイナスの言葉と不安をあおることばかり・・・
 
そして大きな存在だった親も死んでいき、自分は誰にも繋がっていない、守られていないと感じるようになる。
 
目にみえるものはすべて消えていきます。
 
消えていくものだけを追いかけていると人間のはかなさを感じます。
 
目にみえるものは目にみえないものから出来ている。

宇宙をみてください、99.9999999・・・・%はみえないものです。
 
みえなもの、でも在るもの、元気、天気、気持ち、空気もそう、波動もそう、響きもそう、エネルギー、そして 愛 もそうです。

宇宙は波動、エネルギーでできています。
 
この波動、エネルギーがわかってはじめて安心するのです。

波動、エネルギーがわかるためにはどうしたらいいのか?
 
それは幼い子どもが 「おかあさ~ん」 と母親のもとに飛び込んでいくように、宇宙に飛び込んでいけばいいのです。

波長を合わせればいいのです。

宇宙に波長が合ったとき、そのときが本当の幸せなのです。


だって、宇宙が人間の本当の故郷だから・・・・ 






 

« 宇宙からのメッセージ | トップページ | 自分を客観視する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/22680493

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の幸せ:

« 宇宙からのメッセージ | トップページ | 自分を客観視する »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ