« うまくやろうとすると・・・ | トップページ | 生命(いのち)は永遠に生き続ける »

2008年7月24日 (木)

空になったときから、始まる

 
W先生から私は、 「あなたは、業をふりまいているだけです」 とよく怒られました。
 
それは業(ごう)という感情に振り回されてろくなことをしていなかったということ
 
見た目には何もわからない
 
普通の状態となんら変わりがない
 
しかし目にみえないエネルギーの状態からみればひどい状態だったと思う。
 
空(くう)になるとは何ものにも把われない
 
まさしく空(そら)のような状態
 
そうなってはじめて、エネルギーが整ったことになる。
 
それまではオシメが取れていない赤ちゃんのようなものです。
 
エネルギーを整えるというのは自分の出す波動に責任を持つということ
 
今、この瞬間にどんな波動を出しているか?
 
それが一番大切なことなのです。
 
過去において何をしてきたか?

どれだけ人類に貢献してきたか?
 
なんてことはもうどうでもいいことなのです。
 
今、この瞬間をスッキリ爽やかに生きているか?
 
生命を活き活きさせているか?
 
それのみなのです。
 
しかし空になってもその奥の空があるのです。
 
空が無限なように人間は無限次元に進化していける
 
だから人間は素晴らしいのです。

W先生はそうおっしゃっておられました。
 
たくさんの人たちがそのことを識ってほしい
 
そのことを識ることが人間としてのほんとうの幸せなのです。



 

« うまくやろうとすると・・・ | トップページ | 生命(いのち)は永遠に生き続ける »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/22518876

この記事へのトラックバック一覧です: 空になったときから、始まる:

« うまくやろうとすると・・・ | トップページ | 生命(いのち)は永遠に生き続ける »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ