« 淡々と仕事をすること | トップページ | 人間はいのちにおいて一体である »

2008年6月21日 (土)

神様、仏様ってなんだろう?

 
お正月や受験のときに神社やお寺に神様、仏様詣りをする。
 
だけどそれは他力本願でほんとうにそれでいいのか?
 
ずっと疑問に思っていました。
 
自分の中に答えがある、他の人や物の中には答え(真実)はない・・・と漠然とだけど確信に近いものが心の中にありました。
 

ある本の文章を読んで 「これだ」 と思いました。
 
みなさんはどう思い、どう感じましたか?
 



神様は自分のなかにある。自分の中にある生命力が神様なのだし、それを全部出したものを仏様というのです。
 
ですから神様になるのも仏様になるのも、すべて自分の生き方によるのです。

神社に神様がいるわけではないし、お寺に仏様がいるわけではありません。
 
自分の中にある神様、仏様が、信仰が強く深くなると、その神社、仏閣に現われてくるだけであって、神社、仏閣に行かなければ、自分の中の神様が出ないわけではありません。
 
どこにいたって、寝ていたって、起きていたって、神詣りしなくたって、自分の中に神様、仏様があるのだから、その内なる神、仏を引き出してくれる、そういう方向に導いてくれる、それがほんとうの宗教家、指導者なのです。




       
我を極める 五井昌久 白光出版







  

« 淡々と仕事をすること | トップページ | 人間はいのちにおいて一体である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/21793022

この記事へのトラックバック一覧です: 神様、仏様ってなんだろう?:

« 淡々と仕事をすること | トップページ | 人間はいのちにおいて一体である »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ