« 袖すれ合うも多生の縁 | トップページ | 念力の恐さ »

2008年5月 4日 (日)

運命はいくらでも変えられる

   
人と話をしていると自分が病気になるのは遺伝だからしかたがないとか離婚を繰り返すのは親父がそうだったから俺もそうなんだ輪廻だよ、とか云う人が結構多い。
  
その人はそう言って自分で諦めてしまっている。

自分の体質を変えようとか自分の性格を変えてなんとかしようとはしない。

だからとことん行き着くところまでいってしまわないと気づかないのかなぁと思ってしまう。

 
運命や宿命は変えられるか?
 
 
もちろん、変えることが出来るのです。
 


みなさんは赤ちゃんにも手相があるのを知っていますよね。
 
もみじのようなかわいい手にもちゃんと手相がある。
 
実はその手相をみて何がわかるかといえば、過去世の想念が描かれているのです。
 
過去世に於いてどんなことを想って行動していたか?

過去の結果が現在、現在の原因が結果に現われるので過去に想っていたことが現在に具現化されているのです。
 
だから考え方が過去のまま何も変化していなければ手相を観る人のいうことは当たることになる、遺伝や輪廻は繰り返されることになる。

 
でも自分を変えようと努力して想念を変えた人の未来は素晴らしいものになっていくのです。
 
体質を変えようと想い込むだけで60兆の細胞は変えたいと想う方へ動きだします。
 

目にみえないエネルギーが動き出すのです。


離婚を繰り返している人が相手とわかり合いたい、気持ちが一つになるようにしたいと相手の気持ちになって歩み寄れば結果は別れることになってもスッキリした別れになります。

それは自分の心と相手の心が交流するから・・・・。
 

一番大事なのは自分を変えようとする気持ち、想念なのです。
 
今の自分の環境はすべて過去の想念から来ている
 
今の環境を嘆くより自分の想念を変えよう
 

今の想念は未来の自分と地球の未来を創造する



 

  

« 袖すれ合うも多生の縁 | トップページ | 念力の恐さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/20755524

この記事へのトラックバック一覧です: 運命はいくらでも変えられる:

« 袖すれ合うも多生の縁 | トップページ | 念力の恐さ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ