« 受験勉強 | トップページ | 気功教室オリエンタルウインド »

2008年5月23日 (金)

ごめんなさい

  
すいません、同窓会が明後日に迫っていてその準備でブログが書けていません。
 
にもかかわらず、毎日たくさんの人がアクセスしてくださっています。
 
終わりましたらまた書いていきますのでよろしくお願いします。
 
ところでみなさん運動してますか?
 
スポーツと運動の違いってなんだろう?
 
って思いますが軽い運動、ストレッチは気分転換にもなりますし、していると身体の中の細胞が喜んでいるのがわかります。
 
受験勉強をしている息子にもこの記事を見せてすすめてみようと思っています。
 
みなさんもいかがですか?



 

通常、タイトルに「超重要」なんて書かないようにしてるんですが、あえて書きました。
受験生にとって、軽い運動は大切です。というか、必須だとすら言えるかも。
教材を紹介するこのカテゴリーとは、関係無い記事ですが、重要なので書きました。

大学受験と運動は関係が無いように思えますが、実はそうでもないんです。

というか、運動をしないで、勉強ばかりしていると
頭の働きがニブくなって、勉強の能率が下がります。

一日中勉強するスケジュールを組み込むよりは、
勉強の合間に軽い運動を組み込んだスケジュールのほうが
最終的な勉強の能率は、絶対に上がります。絶対に。

一応、自分なりの()科学的根拠を述べておきますと

脳というのは、体内の器官の中で最も酸素を消費します。
特に、頭脳労働である受験勉強は、その脳を激しく使うため
たくさんの酸素が必要になってくるんですね。

ところが、勉強ばかりしていると、酸素の消費量は膨大になるのに、
血行は悪くなっていくので、酸素の供給量が落ちていってしまいます。

その結果、充分な量の酸素が脳に届かなくなるため、
頭の働きが鈍くなり、勉強の能率が落ちてしまうわけです。

これは、多かれ少なかれ誰でも経験していることですね。

ところが、その中に、軽い運動を組み込んでやると、
血行が改善されるので、頭の働きがよくなります。

その結果、受験勉強の能率が上がるわけですね。

で、軽い運動と言っても、どんな運動をするかですが、
ジョギングやランニングに代表される、有酸素運動が最もいいと思います。

有酸素運動をすることによって、体内の血行が良くなり、
脳にたくさんの酸素が供給されるようになりますし、ストレスの解消にもなります。

あまり頑張りすぎて、クタクタになるほどやってしまうのは、困りものですが、
軽い負荷で運動した後、少し休んでから勉強すると、
かなりいい感じで、受験勉強を進められると思いますよ。

受験勉強は頭脳労働なので、意外と見落とされがちですが、
軽運動が勉強の能率アップに与える影響は無視できません。

ぜひ、一度試してみてください。




 
 

« 受験勉強 | トップページ | 気功教室オリエンタルウインド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/21121980

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんなさい:

« 受験勉強 | トップページ | 気功教室オリエンタルウインド »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ