« 日々の指針 29日の1 | トップページ | カウンセラー »

2008年3月 1日 (土)

宇宙のなかに自分がいるのではなく

 
自分の存在とは宇宙の中に地球があって、地球の中に日本があって、その日本の中のある地域の中に私という存在があると思っている。
 
だが、本当は自分の中に宇宙があるのだ。
 
昔、中村天風の本で、「月を見ている自分は月よりも大きいのだ」 という文を読んでそーなのか~と感心した覚えがある。
 
自分の中に月がある、宇宙があるというのは
 
「自分と月、宇宙は繋がっている、自分は月であり、宇宙そのものである」 ということだ。
 
そして自分と他人はなく自分も人も元は一つに繋がっている。
 
3次元は二元対立の世界、あなたと私が分離されていると思っている世界
 
4次元から先の多次元は融合、一つになっている世界
 
これから地球は4次元へと突入する。
 
自分と人とが一つであると実感できる、素晴らしい時代になっていく。
 
 
「いい時代に生まれたなぁ」 と感謝、感謝!




  





 

« 日々の指針 29日の1 | トップページ | カウンセラー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10860743

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙のなかに自分がいるのではなく:

« 日々の指針 29日の1 | トップページ | カウンセラー »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ