« マイナスをつかむ前にプラスに・・・ | トップページ | 無我夢中と無念無想は違う »

2008年3月23日 (日)

流す、外す、消す

 
調和波動気功では、波動=気(エネルギー)を 
流す、外す、消す という言い方があります。
 
日常生活、人間関係を送っていたら心に引っかかる、忘れてしまえないことがたくさん起る。
 
でも心に留めていたら、次のことに100%エネルギーを注ぐことが出来ない。
 
だから失敗する、だからスッキリしない
 
なぜ、そう思うんだろう(相手の人が)
 
なぜ、そうしないんだろう(人に対して)

人の心はコントロール出来ない
 
そして、流されることなく、滞ったエネルギーは行き場を失って、どんよりとした重たいエネルギー体となり、目にはみえないが消えることなく溜まり続ける。
 
これが仏教で言われる業(ごう)、業想念(ごうそうねん)であり、キリスト教のカルマです。
 
私たちはこれ(業、カルマ)をまともに受け取らず(外す)、スルーしていかなければならない(流す)、そして流したままだと他に移るだけだから消さなければいけない。
 
これが出来て初めて責任を果たしたことになるのです。
 
腹が立ったからと誰かに当たったり、勢いで物を壊してスッとした気分になったとしてもそれはエネルギーを浄化したことにはならないのです。
 
宇宙はエネルギーで出来ています。
 
波動で出来ています。
 
人はエネルギーがわかって一人前なのです。

波動がわからなければ何にもわかったことにはならないのです。






  

« マイナスをつかむ前にプラスに・・・ | トップページ | 無我夢中と無念無想は違う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/11682037

この記事へのトラックバック一覧です: 流す、外す、消す:

« マイナスをつかむ前にプラスに・・・ | トップページ | 無我夢中と無念無想は違う »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ