« 気功サロン | トップページ | 最後は自信 »

2008年3月11日 (火)

続々・如是我聞 13

  
人が失敗した時、それを責めてはいけない。泥棒に追銭ということはそういうことだ。
 
責めても何にもならない。
 
宇宙の運行からみれば、失敗したことなどたいしたことではない。
 
失敗したら 「また新しく出直そうよ」 とサラッといって励ましてあげよう。



 
解釈
 


仕事を一生懸命している人ほど自分にも人にも厳しい。
 
失敗は誰もしようとしてする人などいない
 
してはいけないと緊張すればするほどしてしまうことがある。
 
それは意識をすればするほど失敗を引きつけてしまうのだ。
 
オリンピックの選手が緊張し過ぎて大事なところで失敗することなどは枚挙にいとまがない
 
人の生死にかかわる失敗は別として、普通いわれる失敗ってそんなに悲観することなのか?

人ごとかもしれないが大概の失敗は後から振り返ってみるとほとんどがたいしたことではない
 
だが人は自分のことでも他人の失敗にも異常に反応する
 
あたかもその人の運命を左右するかのように・・・
 
そうだ、どんな失敗だって宇宙の運行から見ればたいしたことはないんだ
 
そう思えばすごく気持ちが楽になる
 
落ち込んでいる人がいたら、笑って言ってあげたい♪

 
「あなたの失敗なんて宇宙から見ればたいしたことではないですよ」 って





  


« 気功サロン | トップページ | 最後は自信 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/11181821

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・如是我聞 13:

« 気功サロン | トップページ | 最後は自信 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ