« 宇宙のなかに自分がいるのではなく | トップページ | 鏡になるには? »

2008年3月 2日 (日)

カウンセラー

 
「カウンセラーの仕事とは黒子に徹して相談に来た人が冷静に自分をみつめ、自分の中から答えが出るように導いてあげること」 
 
とある本に書いていた。
 
私は気功の講師をしている、真理についての勉強や本もたくさん読んで答えの引き出しはたくさん持っているつもりだった。
 
だけど一番大切なことは相手の鏡になること・・・ 
 
人は自分のことを客観視できない
 
自分自身との対話がへたくそだ。
 
だから自分の中に答えがあるのに他に依存して他から解答を得ようとする。
 
自信を持つとは自分から答えを引き出せるようになること
 
そして、その答えを疑うことなく信じられることだと思う。
 

答えを引き出したところで信じられないならば何にもならない。
 
自分から出た答えはどこから来ているのか?
 
それは自分の源、根源である宇宙から来ている。
  
宇宙は自分の故郷でもあり、魂の父、母でもあり、自分自身でもある。
 
人は宇宙のことを神、仏と言った。
 
宗教とは宇宙を示す教え と以前書いたことがある。
 
自分自身と対話することは宇宙との対話、神との対話である。
 
そのことを実践できるカウンセラーは素晴らしい仕事だと思う。

 



   

« 宇宙のなかに自分がいるのではなく | トップページ | 鏡になるには? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10869596

この記事へのトラックバック一覧です: カウンセラー:

« 宇宙のなかに自分がいるのではなく | トップページ | 鏡になるには? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ