« 流す、外す、消す | トップページ | 人と人間 »

2008年3月24日 (月)

無我夢中と無念無想は違う

 
無我夢中と無念無想は似ているようだが、全然違う。
 
一生懸命に何かをしているとき、意識をどこに置いているか?
 
無我夢中は自分の意識がどこにいるのかわからない状態
 
迷いの世界の幽界なのか、本心に近い霊界なのか、本心そのものの神界なのか?自分の立ち位置が見えていないのだ。

無念無想は意識的に我を無くし、何も考えない 
 の状態にしていくことである。
 
空とはからっぽで何も無い、虚しいのではない
 
心は本心、宇宙に繋がっているのだ
 
本心とは本当の自分のいる所、安心立命した不動心の本当の自分がいるところである。
 
そこと繋がっていれば何の心配もない、恐怖もない。

人間は一日の中で、無我夢中の状態がほどんどだが、一瞬 空の状態になるときもある。
 
それは本当の世界を守護霊、守護神が見せてくださっているのだ。
 
「あの爽やかな清々しさはいったいなんだったのだろう?」 と思うが繰り返し見ることは出来ない。

だが、無念無想(何も念じず、何も想わない)になれば絶えず清々しいスッキリした状態でいられる。
 
W先生は 「何も想わない考えない努力をしなさい」 とおっしゃいました。
 
「何も想わないでどうやって生活を送っていくんだ」 と普通は思いますよね。
 
でも、実は何も念じない、想わないことが人間の幸せに繋がっているのです。
 
それが自分の本心と繋がる方法なのです。
 
そしてそれが人間の進化した未来の姿なのです。





  

« 流す、外す、消す | トップページ | 人と人間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/11746198

この記事へのトラックバック一覧です: 無我夢中と無念無想は違う:

« 流す、外す、消す | トップページ | 人と人間 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ