« 日々の指針 4日 | トップページ | 自由 »

2008年2月 4日 (月)

日々の指針 4日の2

  
私達は常に進歩し、前進しつづけているのである。
  
いかなる悪い状態、困難な状況に立たされていようとも、あたかも現われている状況が誰の目から見ても明らかに後退しているようにみえようとも、私達は必ず神に姿に向って前進、進歩しつづけている。
 
それが本来の私達の姿である。
 
迷い道、遠まわりの道、危険な道も終局は、本道につながっているのである。
 
であるから、何事に対しても心痛めず、自信を持って前進し進歩していると、自分自身で思うことである。






解釈



目の前に自分の見たくないものが現われたとき、私達はマイナスを想い、マイナスをつかむ。
 
そしてため息と共に 「昨日よりも、以前よりも悪くなっている」 と嘆く。
 

しかし、今、目の前に現われているのはサクセスストーリィーのプロセスなのだ。

 
どんな映画もドラマも最初から最後まで順風満帆でいくことはない。

 
必ず悪い状態、困難な状況が出てくる。
 

そのときが大切なのだ。

 
絶対に大丈夫だ、必ず成就するという信念が鍵となる。

  

心を痛めずに 心を天に向けよう。







  

« 日々の指針 4日 | トップページ | 自由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10251378

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の指針 4日の2:

« 日々の指針 4日 | トップページ | 自由 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ