« 日々の指針 14日 | トップページ | タオルと雑巾 »

2008年2月15日 (金)

日々の指針 15日

 
人生とは選択と決断の連続である、といわれている。
 
自分のつちかった経験や知識、情報に基づいて行っているが、ほとんどの場合直観で決めてしまう場合のほうが多い。
 
ただ単に好き嫌い、良い嫌だ、といったフィーリングの方が経験や知識よりも先行する。
 
又、その方がずっと自分の思った通りの人生を歩むことが出来る。
 
直観とは神から流れてくる答えだからである。


 


解釈



自分の直感が正しかったのか?それでよかったのか?
 
疑問に思ったことがあった。
  

結果がかんばしくなかったから、そして思ったことと違ったから・・・
 
だけどなんとなくスッキリしている、これでいいんだという満足感がある。
 
そして時間が経ったある日

「あーやっぱりそれで良かったんだ、直観が正しかったんだ」とわかることがある。

 
だから自分の直感を信じよう、直観を信じるとは自分を信じること、神を信じること・・・

 
そして直観とは好きに通じる
 

「好きなことをする」 とは直観のままに素直に生きること
 
そんな生き方は人を活き活きさせる、輝かさせる。
 
私はいつも直観のままに素直に生きていたい。




 

« 日々の指針 14日 | トップページ | タオルと雑巾 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10519544

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の指針 15日:

« 日々の指針 14日 | トップページ | タオルと雑巾 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ