« 続々・如是我聞 5 | トップページ | 分別心を無くす »

2008年1月21日 (月)

続々・如是我聞 6

 
  
一番大事なことは、心が純真で、無邪気であるということです。


解釈
 

子どもがかわいいのは何も考えていなくて素直で屈託がなく、いつも心をサラサラさせているから。
 
子どもを見るといいなぁとつい見とれてしまいます。
 
大人の人でも今流行りの 「空気を読む」 というような気にし過ぎるというようなことをせず、おおらかにサッパリとして生きている人がいるとやはりつい見とれてしまいます。

余計なことには鈍感でいいのです。

大人はついどうでもいいことを考えてしまう、そしてイライラしたり、怒ったり・・・

 
キリストは言いました。


幼子のようになりなさい  そうですね。


幼子のようにいつも、無邪気でありたい・・・




  

« 続々・如是我聞 5 | トップページ | 分別心を無くす »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10001346

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・如是我聞 6:

« 続々・如是我聞 5 | トップページ | 分別心を無くす »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ