« 続々・如是我聞 3 | トップページ | 続々・如是我聞 5 »

2008年1月20日 (日)

続々・如是我聞 4

   

人間、いい年令になったならば、地位や名誉や財産や名声などにまつわる、もろもろの汚れをとり去ることである。

地位も名誉もない、一介の老婆のほうが、地位もあり名誉もある人より魂のレベルとして、上位の場合がある。



 

解釈

 


人間、死んでしまったら、それこそ裸いっかん心、魂しかない。
 

欲深い人に 「死んだら墓場にはお金を持っていけないよ」 というがお金だけでなく地位も名誉も目に見えるものはすべて捨てていかなければならない。

 
いらないものを削ぎ落として、すっきりとした心であることが一番大切なんだ。
 

生きている期間よりも死んでからのほうがずっと長いんだ。

 
心は永遠に生き続ける。




 

« 続々・如是我聞 3 | トップページ | 続々・如是我聞 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9982493

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・如是我聞 4:

« 続々・如是我聞 3 | トップページ | 続々・如是我聞 5 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ