« 続々・如是我聞 7 | トップページ | 損して徳をとる »

2008年1月23日 (水)

続々・如是我聞 8

   
    
指導者の第一条件はひろい心である。すべてを入れるゆるしの心である。


  
解釈


  

指導者とは先生と呼ばれる人とは限らず人生を導いてくれる人、人の運命を預かれる人であると思います。
 

そのような立場の人は自分に非常に厳しく、私心があってはいけないし洞察力、観察力、先見性その他色んな要素がバランスよく必要である。
 

ただ、成りたい、人の役に立ちたいだけでは指導者にはなれない。
  

しかしその前に絶対的に必要不可欠なものがある。

 
それはすべてを受け入れる器、度量だ、相手の心を包みこめないとその人の心が移ってこない。
 

同じ心、気持ちになれないと・・・
 
 

そこから、何も始まらない。



  
 




  

« 続々・如是我聞 7 | トップページ | 損して徳をとる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10035548

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・如是我聞 8:

« 続々・如是我聞 7 | トップページ | 損して徳をとる »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ