« 続・如是我聞 36 | トップページ | 続・如是我聞 38 »

2008年1月16日 (水)

続・如是我聞 37

  
ノイローゼ気味の青年へのアドバイス
 
「自分を見せようとするな。見せようとするから苦しいのだ。真裸の自分をさらけ出してしまいなさい。オレはこれだけの者と勇気を持って認めることだ。それだけでずい分楽になるだろう」

 

解釈
 


自分をさらけ出すことは簡単なようでなかなかできることではない。
 
 

でも、苦しさから抜け出すのは人がしてくれるのではない。
 

 
自分をさらけ出すのを誰も手伝ってはくれない。
 
 
自分が勇気をもってやらないと誰も助けてくれない。
 
 
勇気を出すには どう思われてもいい とさらけ出すしかない。
 

さらけ出すとすごいエネルギーが流れてきて素晴らしい力が内からみなぎってくる。



 
  
 

« 続・如是我聞 36 | トップページ | 続・如是我聞 38 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9909995

この記事へのトラックバック一覧です: 続・如是我聞 37:

« 続・如是我聞 36 | トップページ | 続・如是我聞 38 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ