« 如是我聞 26 | トップページ | 如是我聞 28 »

2008年1月 2日 (水)

如是我聞 27

 

偉いとは偉くないとかは、人が見ることだ。




解釈


 

自分のことを偉いと高慢になっている人は見ていて気持ちが悪い。
 
その人の行為や言っていることがどんなに素晴らしくても偉いと思ったり、云ってしまった時点で帳消しどころかマイナスになってしまう。

 
業(ごう)、カルマは油断していると容赦なく人の心の中に入ってくる。
 
人はどうしても人の評価が気になる。
 
自分はどう思われているのかが気になる。
 
しかし周りの評価が気になっていては自分の生命(いのち)が輝いてはこない。

 
そんなことはどうでもいいと自分のやるべきことに意識を合わせるべきだ。





  

« 如是我聞 26 | トップページ | 如是我聞 28 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9685042

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞 27:

« 如是我聞 26 | トップページ | 如是我聞 28 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ