« 続・如是我聞 24 | トップページ | 続・如是我聞 26 »

2008年1月12日 (土)

続・如是我聞 25

       

自分の意見を通そうとするな。
 
通らない場合、ついイライラと心が乱れてしまう。
 
まず人の意見を受け入れるようになろう。
 
受け入れれば受け入れるほど、その人は大きくなる。



 

解釈
  

自分が相手の言い分を納得していない時、そして自分の意見がわかってもらえない時、イライラは最高潮に達する。
 
 
そして感情的になって、声が大きくなってきたときには、もう完全に平常心では無くなっている、相手の意見を受け入れるような状態でない。

 
相手のことを受け入れるのは相手の意見が理解出来てから、納得してからだと思っていたが、それをした後からでは人の心を受け入れられるようにはならない。

  
相手は相手で自分が正しいと思っている、その人にはその人なりの考え方がある。

 
どちらが正しく、どちらが間違っているもない。

 
だから、大きな包容力で包んであげよう、納得できなかったとしても受け入れる心を持とう。

 
受け入れると気持ちがどっしり安定してくる。
  

そして相手の人も安心して心を開いてくる。






  

« 続・如是我聞 24 | トップページ | 続・如是我聞 26 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9838118

この記事へのトラックバック一覧です: 続・如是我聞 25:

« 続・如是我聞 24 | トップページ | 続・如是我聞 26 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ