« 宗教とは? | トップページ | 釈尊(しゃくそん)って誰? »

2008年1月17日 (木)

前世について

  
前世についてわかりやすい例え?を思いついたのでお話してみようと思います。
 
今、私は山に来ていて反対側の山に向かって 「おーい」 と大声で叫びます。
 
声は山に反射されて数秒後に 「おーい」 という同じ言葉で帰ってくる。
 
今発した声は過去のものとなるが、こだました声は未来からやってくる。
 
つまり過去のことが現在に写ってくるのです。
 
仏教で、この世のことをあの世からの写し世というのはそう言うことです。
 
つまり過去の想念や行為がそのまま現在に顕れてくるのです。
 
「おーい」 という声はこだまであれば数秒後ですが100年とか1000年後の忘れた頃に声が写ってくると考えたらいいでしょう。
 
そして当然、山に向かって叫んだことは前世のことなので覚えていないのです(笑)
 

ついこの間、会社で 
過去、現在、未来 を感じさせる出来事がありました。

取引先なのですが老舗(しにせ)で誰でもが知っている有名な食品会社メーカーです。
 
先代は真面目な人で一生懸命に働き、一代で立派な企業にしました。
 
ところが今は管理体制が不安定で品物の送り間違え、欠品、その他の事務的なミスも多く信頼が薄れてきています。
 
ただ、今までの功績があるので仕入側であっても強くクレームが言えないのです。
 
この食品メーカーが今の体制をずっと続けていくと功績の貯金を使い果たして未来はダメになってしまいます。


 

現在は過去の功績が写ってきている(過去の結果が現在)

そして。現在の原因が未来に繋がっていくのです。
 

前世(過去)がなければ現在はない、わかって頂けましたか?

 
その法則から言えば現在善いことが現われている人は現在の努力とかの結果ではなく、過去世に積んだ徳のお陰なのです。(そしてその徳も今、積まなければいずれ無くなる)

 
そして今、よくない運命が現われている人は今のあなたが悪いのではないのです。
 


私の師匠のう先生は


過去の結果が現在、未来の原因が現在。今を大切に、現在が大事。

一瞬一瞬を光明思想で明るく、笑顔で、優しい言葉で、礼儀正しく、謙虚で、思いやりを。


と教えてくださいました。

過去はもうふりかえらなくていい、今を大切にすれば未来は必ず善くなっていく。
 
ただし、真理がわかっていないと今がよくない人はなんで自分は努力しているのに報われないんだと自暴自棄になりますよね。

 
だから、今の状況をキチンと把握した上で現在を大事にしていけばよいと思うのです。
 

今を識る上で過去世(前世)は大切です。


そして今のあなたがあるのは過去世(前世)のお陰なのです。






 

« 宗教とは? | トップページ | 釈尊(しゃくそん)って誰? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9932421

この記事へのトラックバック一覧です: 前世について:

« 宗教とは? | トップページ | 釈尊(しゃくそん)って誰? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ